自動シャトル転送システム ZWCJ600

自動シャトル転送システム ZWCJ600


カテゴリ: 形成の延長

サーボシャトル転送システム(モデル、ZWCJ600)は、サーボ駆動シャトル転送システムを利用して、コンベア方向を90°自動的に変更し、1ラインから複数ラインに搬送することもできます。

サーボ駆動シャトル構造は、構成された正確な製品配置を保証します。
AMF400、AMF600、またはその他のコンベアと同期させることができます。
タッチスクリーンオペレーティングシステム。
シャトルの距離と部分のサイズは調整可能です。
全体の機械はステンレス鋼および非金属材料から成っている、HACCP標準を満たす。
サーボ自動シャトル転送システム(モデル、ZWCJ600)サーボ駆動シャトル転送システムを利用して、コンベアの方向を90°自動的に変更し、1つのラインから複数のラインに伝えることができ、生産性を最大化し、正確な製品配置を保証します。
モデルZWCJ400 ZWCJ600
ベルトの速度3〜15m/分調整可能
入力高さ1050±50mm
出力高さ1000±50mm
2.05kW
ベルトの幅400mm 600mm
全体的な分析コード3060×740×1400mm 3060×940×1400mm